保育士の資格

近年、子育てが落ち着いた女性たちに保育士という資格が非常に人気です。現在では、通信制の勉強で保育士の資格をとることができる大学も増えてきています。忙しい女性の人でも安心して取ることが出来るようになっています。

 Read More

申請手続きの専門家

どのような仕事をする人たちなのか

土地家屋調査士とは、文字通り土地や不動産などを調査し、 登記の申請手続きを行う専門家です。 監督官庁が法務省となる国家資格です。 1950年の昭和25年に制度が誕生し、現在に至るまで60年以上続いています。 主な仕事内容は、不動産の状況を正確に測定し、登記記録として残します。 それを基準に不動産などの取引が行われるため、非常に重要な仕事内容となります。 自己所有の不動産に関しても同様に、測量された結果が登記簿に反映されます。 財産などの査定や相続にも影響してくるため、正確に測量する技術が問われ、 公共性の高い職務と言えます。 土地の境界線をめぐっての争い事が多いため、 近頃では、土地家屋調査士によって境界線紛争をゼロにするための シンポジウムなども開かれています。

土地家屋調査士に依頼するときの注意点

土地家屋調査士になるためには、 年に一度、8月第3日曜に実施される試験を受ける必要があります。 筆記試験の後、合格者だけが、 11月に実施される口述試験へと進むことができます。 受験地も限られており、全国で9会場のみとなっています。 合格後、日本土地家屋調査士連合会の土地家屋調査士名簿に登録することで 仕事に就くことが可能となります。 土地家屋調査士に調査依頼する場合、費用が発生します。 その費用設定は自由化されているため、依頼する事務所によって異なります。 依頼する内容にもよりますが、高額となるケースもあるため、 事前に見積もりをとることをおすすめいたします。 最近では、ネットでも依頼費用などを確認することができるため、 平均的な金額を把握したうえで、依頼されたほうが安心です。

TOPICS

メリット

土地家屋調査士とは、国家資格でもありますので、その資格を取得すれば「就職」や「転職」などに大きなメリットがあります。それにより、その資格取得を目指す方も多いです。

 Read More

通信教育で学ぶ

今では、通信教育で心理学を学ぶことが出来ます。資格取得に向けてしっかりとまなぶことができるため、現在の資格講座ランキングの中に入ってることもあります。また、心理学といっても様々な用途で使われるため種類が豊富になってきました。

 Read More