メリット

土地家屋調査士のこれまでの歩み

土地家屋調査士とは、土地や建物を調査して、測量や登記を行う仕事です。土地家屋調査士の役割は、土地家屋を正確に調査し、不動産の取引時などに情報提供を行い取引を円滑に進めることです。このことから、土地に関連した専門的な仕事であることが分かります。では、一体どのようにして、土地家屋調査士の役目が成り立ってきたのでしょうか。 日本では昭和24年に、固定資産税が市町村税へと変化しました。それまでは国税であったため、税務署が管理していました。しかし、土地台帳と家屋台帳を一括して、法務局が管理することになったのです。その際、土地の台帳や登記を扱う専門的な役割の必要性が高まりました。そのため、翌年の昭和25年に土地家屋調査士を制定する法律が作られました。それから現在に至るまで、土地家屋調査士は土地家屋のプロとして、その地位を保っています。

今後の需要はどう予想されるのか

では、土地家屋調査士とは、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。 まず、国家資格ですので、就職や転職などには大きなメリットがあると考えられます。特に建築や地理関連の学問を学んでいる学生にとっては、資格を取得することにより、将来専門的な仕事へとつながる可能性が大きいと言えます。また、測量士など、他の関連資格と組み合わせることにより、より高度な土地関連の専門知識が身につけられるでしょう。 また、以前に比べて自己資産へ関心を向けている人も増えつつあるので、個人的な土地家屋のニーズに対応する仕事も、今後増える可能性があると考えられます。このように、土地や建物に関する調査などの仕事はさまざまですので、急激な増減をすることもなく、一定して仕事が供給されると言えるでしょう。